WordPressを始める際のサーバーとドメインの設定

前回の記事では、そもそもWordPressがどういったものなのか、を解説しました。

 

今回からは、より具体的な開設方法について触れていきます。

まずは開設に必須となるメールアドレスとサーバー、ドメインのお話からです。

サーバーとドメイン

メールアドレスの取得

サーバーとドメインの登録に入る前に、Gmailでメールアドレスを取得しておきましょう。

これから何かと登録することが多い為、本体のメールアドレスとは別のものを用意した方がいいです。

 

個人的には、ブログ用として一つのメールアドレスを準備するのがお勧めです。

 

A8.netに登録

メールアドレスをGETしたら、A8.netというASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)に登録します。

ASPとは、広告を掲載したい業者を取りまとめて、アフィリエイターに広告を紹介する仲介業者のようなものです。

なぜ最初にこのようなサービスに登録するかというと、「セルフバック」という機能が存在しており、サーバーの開設等が少しお得になる為です。

 

サーバー

続いてサーバーの登録を行いますが、今回はエックスサーバーというところで登録します。

前述の通りセルフバック機能を利用します。

 

細かな登録方法などは既にたくさんのブログで解説されてますし、画面の通りに進めていけば問題なく進行出来ると思うので省略します。

 

A8.netにログインして、セルフバックのところから、「エックスサーバー」を検索。

なんとセルフバック画面から登録しにいくだけで、2858円の報酬がもらえます。

利用しない手はありません。

 

A8.netの「セルフバックを行う」というボタンをクリックしたら、エックスサーバーの公式サイトに接続されます。

あとは公式サイトの「お申込み」⇒「お申込みフォーム」から開設手続きを進めていくだけです。

必要事項に入力していくだけですので、簡単ですね!

 

今回はサーバーの開設となりますので、「新規サーバーのお申込み」と進んでいきます。

サーバーIDについては、ブログのURL等には一切関係しませんので、お好きなもので大丈夫です。

 

続いてプランの選択、メールアドレスの入力、登録区分を選択します。

プランについては、とりあえずX10プランで問題ないのではないかと思います。

メールアドレスは先ほど取得したものを使用すればOKですね。

 

次の画面で内容に誤りがないことを確認し、「お申し込みをする」をクリック。

すると登録したメールアドレスに登録確認メールが届きます。

その後しばらくすると、エックスサーバー側で開設手続きが完了したことを知らせるメールが再度届きます。

 

これでサーバーの開設はひとまず完了です。

 

ここから料金支払いに進みますが、
初期開設費用3,000円
+最低契約期間3ヵ月分1,200円 x 3ヵ月
=合計税込み7,260円初期費用が発生します。

その3ヵ月が過ぎた後、1ヵ月毎の更新で税込み1,100円の費用を支払わなければなりません。

クレジットカードを登録して自動更新にしておくのが一番簡単です。

 

ドメイン

サーバーの開設が終わったら、次はドメインの登録です。

ご紹介したエックスサーバーでは、タイミングが合えばドメイン無料プレゼントキャンペーンを行っています。

そのキャンペーンが行われている時であれば、そのままドメインも取得してしまうのがお勧めです。

 

通常ドメインには取得に1,000円~4,000円程度、更新に年間1,500円~4,000円程度の費用が発生しますが、なんとこのキャンペーンは取得・更新も一生無料とのこと。

驚きです。

 

エックスサーバーの料金支払いを完了してからでないと、このドメインキャンペーンは受けられませんので、支払い手続きはお忘れなく。

 

キャンペーンのタイミングに合わなかった時は、「ムームードメイン」というサイトがお勧めです。

ドメインにも色々あって、例えば当ブログは「.com」ですし、他にも「.jp」や「.org」、「.net」などなど。

取得するドメインによって金額も変わってくるので、お財布と相談しながら好みのものを選んでください。

 

取得したいドメインが決まったら、ムームードメインの検索窓に入力して「検索」をクリック。

既に使用されているかどうかのチェックが行われます。

取得可能なものは〇、不可能なものは×となっているので、希望するドメインの〇をクリックして進んでいきます。

 

ムームーIDをお持ちでないと思いますので、新規登録します。

ムームーIDにはメールアドレス、パスワードは忘れないような任意のものを入力します。

 

WHO IS公開情報は、「弊社の情報を代理公開する」のままで大丈夫です。

続いてのネームサーバ(DNS)は、「GMOペポバ以外のサービス」を選択します。

 

ネームサーバ1~5には、サーバー側の情報を入力しなければなりません。

前項で登録したエックスサーバーのサーバーパネルにログインして、アカウントのところにあるサーバー情報をクリック。

するとネームサーバーが表示されますね。ns1.xserver.jpってやつです。

これを間違いないようにムームードメイン側に入力してください。

 

ここまでやると、あとはユーザー登録に関する個人情報の入力と、支払いに使用するクレジットカードの登録を行うだけです。

 

これでドメインの取得も完了です。

 

まとめ

これでメールアドレス、サーバー、ドメインの準備が出来ました。

ここまでで、準備すべきものは全て揃いました。

 

次回はサーバーとドメインを紐づけるところから解説していきます。

それではまた次回お会いしましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました