ホワイトデーにマカロンを贈る意味!由来や英語スペルも解説!

whiteday

遂にあの日が近づいてきました。

毎年多くの男性陣を悩ませてくれる日、3月14日の「ホワイトデー」です。

 

チョコレートをもらった時は美味しい美味しいと喜んで食べるだけですが、それだけで終われないのがここ日本。

最近思ったんですが、日本では何に対しても必ず「お返し」が付き纏ってきますね。(笑)

 

会社の女性にチョコをもらったけど、何をお返しすればいいんだ?
そもそもホワイトデーって何なんだ・・・。

 

ということで、今回はホワイトデーについてまとめていきます。

 

ホワイトデーの由来

別記事でバレンタインデーの古い古い由来に触れていますが、ホワイトデーの歴史はそんなに古くありません。

 

それもそのはず、ホワイトデーの発祥は日本だからです。

要するに、バレンタインデーというものがイベント化され、日本で普及した後に出来たということになります。

 

ご存知の通り、バレンタインデーに沿ったイベントして考えられたホワイトデー。

チョコをもらった男性から、女性にお返しをするためのイベントですね。

 

由来には諸説あります。

  • 総合お菓子メーカー
  • マシュマロ関係業者
  • 飴関係業者

このように多くのお菓子関係の業者が、「お返しを贈ろう」という宣伝を行ったということです。

ホワイトデーの時期になるとそこら中から「我々が元祖だ!」と名乗り出る始末。

 

こうなってしまっては、どれが正しいのかもはや誰にもわかりません。

というより、おそらくどれも正しく、それぞれが同時期に同様のキャンペーンを打ち出しており、全国に普及していったものと考えられます。

 

一つの事実としては、ホワイトデーはバレンタインデーと全く同様に、お菓子メーカーの販売を伸ばす為の一つの販売戦略として始まったということです。

 

ホワイトデーの英語スペル

バレンタインデーが「Valentine’s Day」なのは、「バレンタインさんの日」だからと説明しましたが、ホワイトデーは誰の日でもありません。

その為、「’s」のようなものは付かずにそのまんま「White Day」となります。

 

海外には存在しない?

先ほど由来の説とされている3つの業種をリストアップしましたが、これは全て日本のメーカーです。

つまり上にも書いていますが、ホワイトデーとは日本で発祥した文化になります。

 

となると、日本だけの文化で海外には存在しないと思われがちですが、実はアジア圏ではところどころホワイトデーが存在します。

どこも日本から広まっていったと考えられていますが、実際にそのような文化がある国は中国・韓国・台湾などになります。

 

お返しの意味

普段何気なく購入し何気なくお返ししているお菓子には、実はそれぞれ意味があるって知っていましたか?

ホワイトデーというと、マシュマロ・キャンディー・クッキー・マカロンあたりがメジャーではないかと思います。

 

マシュマロ  あなたが嫌いです。

もらったチョコ(気持ち)をオブラート(マシュマロ)に包んでお返し(お断り)する。
もしくは口の中でサッと溶けるように、口溶けのいい関係を。

 

キャンディー  あなたが好きです。

口溶けの良いマシュマロとは対称に、いつまでも溶けないような末永いお付き合いを。

 

クッキー  友達のままで。

サクサクっとしたドライな関係を。

 

マカロン  特別な人。

一つ一つ見栄えの良いマカロンは、特別な人という意味がある。

コンビニでもあまり見かけないので、準備した感じが演出出来ます。

 

お返しにはマカロンがお勧め

マカロン

上の4つの中で一番万能な説明が効くマカロン。

本命でも友達でも同僚でも、日本1億3千万人の中から出会うことが出来た数少ない人物です。

特別な人といえば知り合ったみんなが特別な人ですよね。

 

個人的見解ですが、この他にマカロンがお勧め出来る理由が3つあります。

 

1、内容量が多い

よく会社の部署単位からバレンタインをいただくことってありませんか?

たーさん、開発部からのバレンタインチョコです!

ありがとうございます!
心の声『えっ、開発部って20人くらい女性がいるじゃない・・・。』

 

 

こんな時のお返しに、個装で大容量のマカロンは大活躍でした。

通販で探せば24個入りや40個入りなどもたくさん売られていますよ。

 

2、見た目がオシャレ

基本的に、マカロンってカラフルで小柄でオシャレです。

外装のデザインなんかも凝っていて、もらって嫌なことはないはず。

 

オシャレって要素はすごく大切だと思っています。

1人に対してクッキー1枚は何だか虚しい気がしますが、1人に対してマカロン1つは許してもらえる気がしませんか?(笑)

 

3、オシャレな割に安い

世の中オシャレなものって大体高額です。

でもマカロンって想像以上に安いんですよ。

 

こんなことを言ったらケチだと思われるかもしれませんが、本当に正直なところ、不特定多数に配っているバレンタインチョコレートに対して、そんなに毎年高価なお返しなんてしてられません

 

注意点

最近の女性、特に若い世代の子はマカロンが好きだっていう固定概念がありませんか?

これだけお勧めしておいて申し訳ないのですが、意外とマカロンが好きじゃない女性もいたりします。

事前リサーチだけはお忘れなく!

 

まとめ

以上、ホワイトデーについてでした。

ちなみに本命へのお返しでいうと、意外にも手紙が人気だそうですよ。

 

お返しすらしない、近所のコンビニに売っているもので適当に済ます、100円程度など明らかな安物をお返しする。

これらは大変嫌がられる可能性が高いです。

身近な女性陣を敵に回さぬよう、くれぐれもご注意ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました