ノンアルコール飲料を子どもが買えない理由

管理人のもつです。

ノンアルコールビール等のいわゆるノンアルコール飲料を購入したことありますか?

先日妊娠期間中の嫁に頼まれスーパーのセルフレジにて購入しようとした際に『係の者に確認して下さい』と表示が出たので、確認してもらってから購入しました。

その時は店員さんにピッて確認してもらって購入しましたが、後から「あれ?ノンアルコール飲料なのにアルコール飲料扱いされているのか?」と疑問を持ち調べてみました。

 

そこで今回は

「ノンアルコールは本当にノン(アルコール0%)なのか?」

「ノンアルコール飲料を妊婦や子供も飲んで良いの?」

「ノンアルコール飲料を子供も購入できるの?」

といったような疑問を解消していきます。

それではノンアルコール飲料の定義から確認していきましょう。

 

ノンアルコール飲料とは

ノンアルコール飲料とは、アルコール量が1%未満の飲料です。

なので正確には含有量は限りなく少ないけど、アルコールが含まれた飲料とも言えるのです。

 

厚労省も以下のように説明しています。

ノンアルコール飲料とは、含有アルコール量が1%未満の飲料です。(中略)ノンアルコール飲料というと、通常は外観、味、香りなどが酒類に似ているものを指します。

引用:厚生労働省のe-ヘルスネット

水やジュース等の一般的な清涼飲料水も僅かながらアルコールは含まれており、ノンアルコール飲料もこの清涼飲料水にカテゴラズされています

そうなると、アルコール0%の飲み物って意外と少ないのかもしれません。

しかし、そこで頭をよぎるのが「それなら子どもが買っても飲んでも問題はないのではないか?」という疑問。

そう考えるのが普通の発想だと思いますが、実はそれは難しいようです。

それについては次の項目でお話していきます。

 

ノンアルコール飲料を子どもが買えない理由

僕が先日経験した通り、ノンアルコール飲料であっても、アルコール飲料と同じように年齢確認は求められます。

従ってノンアルコールビールであってもノンアルコールカクテルであっても、ノンアルコール飲料として扱われている飲料は全て子どもは購入できません。

でも日本の法律では子どもがノンアルコール飲料を購入することを禁止はしていません。

そりゃそうですよね。

ノンアルコール飲料であり、清涼飲料水ですからね

でも何故コンビニやスーパーのレジで年齢確認されるのか?

皆さんもこんな経験があるんじゃないかと思います。

特にコンビニではお酒やタバコの購入時にレジの画面に『あなたは20以上ですか?』と表示が出て『はい』にピッってタッチするアレです。

これに関しては国の法律により、この確認をしなければ酒類・タバコ類の販売ができないとした為です。

なので、実年齢が明らかに多い高齢者でも、二十歳超えてなさそうな若者であろうと、実年齢や見た目に関係なくこの年齢確認作業は当たり前にあるのです。

コンビニやスーパーのバイトの人はここまで考えず作業的にレジ対応をしている方がほとんどだと思いますので、逆に注意が必要ですよね。

 

何故お店側は販売してくれないのか?

法律的に問題がないのになぜ店側はノンアルコール飲料を子どもに販売してくれないのか?

調べたところ明確な理由はありませんでしたが、製造メーカーが自主規制をかけているというのが妥当な理由かと思います。

何故子どもにノンアルコール飲料を販売しないのか?

それはもちろん購入したら飲むからです。

では続けて子どもが「ノンアルコール飲料を飲んでも良いのか」を説明します。

メーカー側はあくまで大人がアルコール飲料を楽しめない時の代替え品的なイメージで開発してきたようですので、子どもが飲むものとして製造してきたわけではありません

ならばノンアルコール飲料を子どもが飲んでも良いのか?

結局のところ法律に基づいた話になってしまいますが、こちらも購入と同様であり日本の法律においては禁止されているわけではないようです。

ですが、やはりノンアルコール飲料であってもアルコール飲料と同様に、子どもが飲むべきものではないと考えられます。

 

その理由は以下の通りです。

  • 酒類の広告審査委員会が認めていない
  • メーカーが推奨していない

それぞれ解説していきますね。

 

酒類の広告審査委員会が認めていない

酒類の広告審査委員会としては、ノンアルコール飲料を子どもが飲むことでアルコール飲料への興味が沸くこと、あるいは飲酒してしまう未成年が増加することを危惧しています。

これはなんとなくわかりますよね。

その予防策としても具体的には以下のような自主規制が存在します。

ノンアルコール飲料に関する広告・宣伝関係

  1. 未成年者を広告のモデルに使用しない。
  2. 未成年者の飲用を推奨、連想、誘引する表現は行わない。
  3. 未成年者を対象としたテレビ番組、ラジオ番組、新聞、雑誌、インターネット、チラシには広告は行わない。

引用:酒類の広告審査委員会 HP

ちなみに酒類の広告審査委員会とは酒類9団体による、酒類における広告宣伝に関する自主基準等を審査する委員会です。

 

言われてみれば20代前半の若いタレントさんってビールのCMとかに出てないですよね

 

 

メーカーが推奨していない

違反とか罰則がある訳ではないのですが、製造メーカーがノンアルコール飲料を子どもが飲むことを想定して作ってないのですね

ノンアルコールビールのパッケージを確認するとこのような表示があります。

ちゃんと赤文字で『この商品は20歳以上の方の飲用を想定して開発しました。』と記載があります。

 

ちなみにこちらがビールのパッケージ

誰が見ても分かるよう明確に「お酒」との表記があり、赤字ではありませんが、「飲酒は20歳になってから」と記載がありますね。

 

成人向けであるというのは同時に子どもに向けて作っているわけでない、子どもには推奨していないと解釈できます

なのでアルコール含有量的には妊婦さんには問題ないかと思われますが、飲み過ぎには注意が必要でしょう。

 

アルコール飲料同様にノンアルコール飲料も20歳になってから

これまでのおさらいをします。

結局のところ、子どもはノンアルコール飲料であっても購入も飲むことも法律上は問題がありません

でも製造メーカーや、それらからなる団体が自主規制をしていることから、子どもにノンアルコール飲料は推奨できません

 

身体への害があろうとなかろうとそれがきっかけで飲酒する子どもたちが増加するのも容易に想像つきますしね

 

以上のことからノンアルコールはあくまで何らかの事情があり、『飲酒ができない大人の為のもの』と解釈して楽しむべきだと考えられます。

皆さんも子どもに「ノンアルコールなら大丈夫じゃん」等と言われても制止するように心がけましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました