花粉症が辛い季節到来。簡単な予防策をご紹介!!

 

こんにちは管理人のもつです。

こんな記事を書きながらも私は花粉症ではありません。笑

きっと笑い事じゃない方は大勢いますよね。

 

それにしても管理人のたーや家族が花粉症に苦しんでいるのを見てるとこっちが切ないですm(._.)m

花粉症や鼻炎が辛いと鼻水がすぐ垂れて来るし、目はかいてもかいても痒いし、薬を飲んだら眠くなるし

お陰で毎日の仕事や授業もなかなか集中できない。そんな状態がずっと続いてイライラしますよね。

今回はそんな毎年春が辛い方のためにその予防方法をまとめていきます。

 

花粉の飛散しやすい日

予防法は後ほど紹介しますが、特に症状の辛い方は天気予報で花粉の飛散量を把握しておくのが良いと思います。

下記リンクに飛散率が掲載れています。

本日の飛散率

 

花粉症の予防策

予防策を一気に見ていきましょう。

薬には合う合わないが人によって異なりますので、薬をなるべく使用しない方法をご紹介します。

 

食生活

アレルギー症状を軽減するには規則正しい食生活が重要となります。

アレルギーの有無に関わらず、病気の予防や体調管理にも栄養バランスの良い食事はとても大切ですよね。

 

生活習慣

大人は子供に比べて睡眠不足や運動不足になりがちですが、適度な運動と十分な睡眠があれば身体外も中も休ませてあげることができます。

 

外出時の服装

花粉シーズンの外出時はツルツルなポリエステル素材なんかがオススメです。

もちろん理由としては衣服に付着した花粉を払い落としやすい為です。

インナーよりはアウターへの注意が必要です。

 

体調管理

日常的にできている方は問題ありませんが、早寝早起きをし、栄養バランス良い食事を心がけて下さい。

適度に運動をするのももちろん良いです。

 

衣類、寝具

花粉シーズンは衣類や布団類は外へは干さずに乾燥機等を使うようにしましょう。

どうしても干したければ飛散量を考慮してからにするのがオススメです

 

コーヒーで予防⁉︎

90520858.jpg

コーヒーには多くのフェノールが含まれています。

そのポリフェノールには痒みの原因となるヒスタミンの生成を抑える効果があることがわかっているのです。

ただし、カフェインの過度な摂取には注意が必要なので多くても15杯まで等分量の摂取にも管理が必要です。

コーヒーの効能まとめ

 

最後に

花粉症の症状には人それぞれ格差があります。

毎年ある程度の期間付き合わなければなりませのでそれ相応のストレスがあります。

上記で紹介したセルフケアだけでは足りないという方も大勢いるかとは思いますが、市販薬と併用して少しでも症状が和らぐといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました