花粉症を発症する原因とは?そのメカニズムを徹底解説!

こんにちは管理人のもつです。

別記事にも記載してありますが私自身が花粉症と言うことではありませんので辛さは共感できません。

ですが家族や友人たちの一部はこの時期非常に辛そうだし、せっかくのお花見も楽しんでいられないですよね。

この時期ばっかりなんでこんな辛そうなの?って思ったので、「花粉症とは何ぞや?」ってことから、説明していきますね。

 

花粉症とは?

花粉症は季節性アレルギー性鼻炎です。

症状:スギやヒノキなどの植物の花粉によるくしゃみ・鼻水など。

アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。

季節性アレルギー性鼻炎

季節アレルギー性鼻炎は、花粉の飛散する特定の時期にのみ症状が出ます。

日本では約60種の植林から花粉が飛散してるという報告があります。

主なアレルゲン

スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、シラカンバなど。

K10012273841_2002051731_2002051733_01_02.jpg

 

通年性アレルギー性鼻炎

通年性アレルギー性鼻炎は、アレルゲンが一年中あるので症状も一年中出ます。

主なアレルゲン

ダニ、ハウスダスト、ゴキブリなどの家の中の昆虫、ペットの毛・フケなど。

2157f3ffa8f50ce6dd4ec151b363452b.jpg

最近では上記の両アレルギーに悩まされている人も増加傾向にあり、1年中鼻水やくしゃみの症状が出ている方が増えてきているようです。

 

 

花粉症とそのメカニズム

花粉症が言葉として何なのかわかりましたかね?

続いては「体内でどんなことが起きているのか」を下記の図を元に説明していきますね!

1431048.jpg

花粉という異物(アレルゲン)が体内に侵入すると受け入れるかどうかを判断します。

排除すると判断した場合はリンパ球が抗体を作ります。

②の抗体ができた後に再び花粉が体内に入ることで、鼻や目の粘膜(肥満細胞)に結合します。

その結果、肥満細胞からヒスタミン等の化学物質が分泌され、花粉をできる限り体外に(くしゃみ、涙等を含み)放出します。

①〜③を経てくしゃみや鼻水・涙、鼻で体外へ排出する、鼻をつまらせ体内への侵入を防ぐなどの症状が出てくるのです。

 

どんな人が花粉症になる?

この記事を読んでくれているあなたは花粉症ですか?なんで自分ばっかりと思いませんか?

調べてみると主な原因としては遺伝的なアレルギー体質があげられます。

しかし本当にそれだけでしょうか?

同じ地域でもお年寄りの発症率は低いということが分かっていますのでこれをヒントに私なりに考えていきますね。

① 食生活の変化

若い人とお年寄りの決定的な生活の違いに食生活があります。

若い人はインスタント食品やジャンクフードが好きなのに対して、お年寄りにはそういった食事を摂るイメージがありません。

もしかしたら和食にアレルギー体質になりにくい要素があるのかもしれません。

② 自律神経の乱れ

睡眠不足やストレス社会も原因の1部と考えられているようです。

これもお年寄りと若い人とで大きく異なってくる要因かと思います。

現代社会はストレスがつきものですし、睡眠に関しては圧倒的にお年寄り足りてない人が多いかと思います。

③ 排気ガスの影響

当たり前ですが、花粉の飛散量の多い地域では花粉症の人が多いです。

ですが飛散量とは関係なく、排気ガスの中の微粒子と同時に花粉を体内に入れてしまうと、アレルギー反応を起こしやすいとされています。

上記の3つと遺伝的なアレルギーが相まって花粉症になる人とならない人がいるのだと考えられます。

 

花粉症かな?と思ったら

どんな病気や怪我にも当てはまりますが、やはり予防や初期対応が重要ですよね。

花粉症は今までなったことないなんて人も今年から突如なんて人も多いみたいです。

だからこそ日常的な予防をするべきだと思います。

私なりに予防策をまとめたので気になる方はどうぞ。

花粉症予防策まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました