雛祭りで食べる物とその由来と意味

管理人のもつです。

雛祭りって何食べるの?

ちらし寿司とか菱餅を食べる由来って何?

今回はこんな疑問を解消します。

ちなみに雛祭りに欠かすことのできない雛人形についてまとめた記事もあるので、気になる方はどうぞ。

雛祭りを飾る期間、その由来

 

雛祭りで食べる食べ物

雛祭りと一声で言っても雛祭りの時に食べられる物は地方によって異なるものがあります。

今回は以下の食べ物(雛祭り時に食べられるメジャーな食べ物)にフォーカスしてその由来をご紹介していきます。

 

  • ちらし寿司
  • 菱餅
  • ひなあられ
  • はまぐりのお吸い物
  • 白酒

これらの食べ物の共通点は縁起物ということ。

それではそれぞれの由来や意味をみていきましょう。

 

ちらし寿司

ちらし寿司を食べる由来

ちらし寿司はその名の通り、錦糸玉子やレンコンや豆やしいたけや海老等をちらし、彩られたお寿司ですよね。

意外なことに雛祭りにちらし寿司を食べるようになった明確な由来はないそうです。

 

ちらし寿司を食べる意味

具材は地方や家庭により様々ですが、ちらし寿司が縁起ものというよりはちらし寿司で使われる具材に縁起ものが含まれているようです。

例えば、レンコンは穴が開いていることから先まで見通しがきくように、豆は健康でまめに働けるように、海老は背中が丸まった形から背中が丸くなるまで長く生きられるようにといった願いが込められています。

上に記載していませんが、タケノコはすくすく育つようにとそれぞれお祈りを込められた具材で構成されているのが大きな特徴です。

 

菱餅

 

菱餅を食べる由来

菱餅と言うと菱形で三色(緑白ピンク)のお餅というイメージでしょうか?

その通りです。

古代中国で母と子が健やかであるようにという願いが込めて、母子草(ははこぐさ)を入れたお餅を食べていたのが由来とされています。

その風習が日本にも伝わりましたが、母子草ではなく、(よもぎ)を使うようになったとのことです。

 

菱餅を食べる意味

古来中国で食べられていた母子草を入れたお餅は厄払いとして食べられていましたが、現代の菱餅に関しては、それぞれの色に下記のような意味合いがあります。

 

緑…緑は蓬を含んで緑にしています。

  • お餅に含まれる蓬に厄払いの意味があります。

白…白は菱の実によるものです。

  • 菱の実は胃腸の働きを改善に効果的です。
  • また雪白から、子孫繁栄や長寿を願うという意味づけもあります。

桃色…色の由来はクチナシの実です。

  • クチナシの実には解毒作用があるとされていました。
  • 桃の花には魔除けの願いが込められています。

 

ひなあられ

ひなあられを食べる由来

ひなあられが作られた由来としては、江戸時代に流行した雛の国見せ(部屋に飾られているひな人形を野外に連れ出し、春の景色を見せてあげるという風習)が関係しています。

その時にはすでにあった菱餅外でも食べられるようにと砕いて持っていったのがひなあられの始まりなのです。

だからひなあられって菱餅と同じ色なのか!

ひなあられを食べる意味

上の由来からも、意味合いとしても菱餅とほとんど同じになります。

ひなあられは関西、関東とで全く異なります。

どういうことかというと、以下のように調理法もですが味が異なるのです。

関西のひなあられは、その由来ともされる菱餅を砕いた調理法であり、味付けは塩や醤油、えび風味等種類が豊富です。
関東のひなあられは、もち米をはぜさせた物で甘く味付けされており、関西のものに比べサイズも小さいです。

形や味は違いますが、食べるにあたってお願いする事柄や、意味合いは変わらないのでどちらが正解というのはないでしょう。

はまぐりのお吸い物

はまぐりのお吸い物を食べる由来

はまぐりのお吸い物である必要は無いようですが、はまぐりが重要なのです。

雛祭りの起源は平安時代とされており、当時流行ったとされる貝合わせという遊びが由来とされています。

ちなみ簡単に説明すると貝合わせは、トランプの神経衰弱のようなもの。

はまぐりの貝の重ねたら最初のペア以外は、綺麗に重ならないという特徴を活かした遊びです。

 

はまぐりのお吸い物を食べる意味

上記の由来から、良縁や1人の人と長く添い遂げられるようにと願いが込められ食べられるようになりました。

白酒

雛祭りに白酒を飲む由来

白酒を飲むようになった明確な起源は定かではありませんが、江戸中期になってから白酒飲まれるようになったそうです。

それまでは平安貴族の間で流行ったとされる桃の花を酒に浸した桃花酒を飲む風習があったそうです。

白酒を飲む意味合いについては諸説ありますが、厄除けがもともとの意味合いとしては有力かと思われます。

勘違いされてる人が多いですが、白酒は甘酒とは別物です。立派なお酒です。

お子様は飲むことができませんよ!

 

白酒を飲む意味

このことからも白酒だけに関しては、子供のためのものではないようです。

ひな祭り自体本来女の子だけでなく、大人の女性も参加する儀礼でした。

時代が進むにつれて子どもの行事という見方が強まっていったことで、子どもでも飲める甘酒を一緒に楽しむようになったのかもしれません。

 

最後に

学生時代の給食等では特に気にもせず食べていたこれらの料理。

雛祭りの食べ物には共通して女性の厄除けや女の子の健やかな成長を願う等の意味付けがされているのは面白いですよね。

女の子のいる家庭は女の子の、女の子のいない家庭ではお母さんの成長や健康を祈って、年に一度の楽しいひな祭りを過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました