ドライシャンプーで髪の悩み解決!?徹底解説!

91.6%!
突然ですがこの数字何を表しているか分かりますか?

 

実はこれ、女性が自分自身に髪の悩みがあるのか?
というアンケートをした結果なんです。
髪は女性の命ですからね
その結果、実に9割以上の女性の方が自身の髪に悩みがあるんですね
何らかの髪の悩みを感じ、よりよいお手入れ方法を求めているのです。

そんな髪の悩みですが、ドライシャンプーで解決してしまうかもしれません。

ドライシャンプーって日本ではまだ聞きなれない方も多いのではないでしょうか?
海外ではドラッグストアーに1コーナー出来てしまうぐらい
ポピュラーな存在のドライシャンプー。
ここではドライシャンプーについて徹底解説していきましょう!

ドライシャンプーって何?

ドライシャンプーとは水を必要としない、洗い流さないシャンプーの事です。
水を使わない上に洗い流さないなんて不潔に思うかもしれません。
しかし侮る事なかれ。
髪の毛や頭皮を清潔に保つ事が出来るんです

このドライシャンプーあまり馴染みのない物かもしれませんが、日本でも様々な所で使われているんです。
例えば…看護師や介護士はお仕事で使う方も多いですね。
また水もお湯も使えない震災の際にも、役立った事で知れ渡り
今では防災グッズとしても注目されています。

海外では毎日髪を洗わない?

欧米人は髪を洗わない?

アメリカでは半数以上の女性が、髪を毎日洗わないそうです。
なんと、フランスでは週に2回ほどし髪を洗っていない女性が多いんです。

驚きですよね‼
あの有名なミランダ・カーさんも髪を洗うのは2日に1度なんです。

海外では日本と比べ気候の違いや水質の違い、また髪質の違いこそあれど

世界的に見て毎日シャンプーで髪を洗う人は少ないのだ!!

ドライシャンプーの種類

少し前まではドラッグストアーで探しても、2~3種類ほどしか無かったドライシャンプー。
最近では多く扱ってる所も増えてきましたね。

さてドライシャンプーには、どんな種類があるんでしょうか?

スプレータイプ
最も一般的なタイプ。
整髪剤のスプレーと同じように霧状に出てくるので塗布が簡単なのがいいですよね。
時間短縮にも繋がりますし、塗布した後本来タオルで拭き取るんですが
自然乾燥で完結するものもありますよ。

ジェルタイプ 
スプレータイプより頭皮に直接浸透させる事で皮脂や汚れをしっかり取ることができます。
手軽さよりきっちりを求めるならお勧め!
またフォームタイプ(泡状)のタイプもあります
どちらも実際に髪を洗うように使用できるのですっきりします
パウダータイプ
上の2種類に比べ拭き取りが不要なタイプ。
ただ使用量の見極めがやや難しいのが難点。
粉末状なので小分けしたり、長期間保管できるのがメリット
シートタイプ
拭き取りが不要で携帯用としては使い勝手がいい。
難点としては長期間の保管に向かない。(シートが水分を含んでいるので乾燥厳禁)
頻繁に使用する方にはおすすめ。ドライシャンプーのメリット

毎日刺激の強いシャンプーで髪を洗う事で、頭皮や髪に負担がかかるとも言われています。
フケや髪の乾燥(パサつき)枝毛や様々なトラブルになる事もあります。

ドライシャンプーの一番のメリットは手軽にシーンを選ばずに使用出来る事です。
頭皮への刺激も抑えられて髪の悩みも解決するかもしれません。

こんなシーンで役に立ちそうです!

◎キャンプやアウトドアで入浴出来ない時
◎ドライヤーを使用する必要がない
◎夏場の汗かいた後等
◎長時間のフライト
◎病院に入院中

ドライシャンプーのデメリット

ドライシャンプーの活用方法はあくまでも補助です。
また、洗い流す市販のシャンプーに比べ洗浄力が弱い(低刺激)なため
皮脂が多い方には向いてないとされています。

毛穴の汚れが蓄積されたり、皮脂汚れが原因で匂いが生じるなどデメリットもあります。
自身の環境や髪質に合わせて、上手に付き合う事で効果を発揮できると考えてくださいね。

決してドライシャンプーのみで頭皮や髪を清潔に保つことは出来ません

ドライシャンプーまとめ

メリットデメリットありますが、何事も上手に付き合う事が大切です。
自身の髪質や環境をよく理解し、活用していくことで髪の悩みも解決に向かうかもしれませんね。
夏場の汗かいた後、頭皮の匂いが気になったり。
外出しなかった日の、シャンプーをドライシャンプーに変えてみたり。
キャンプに行ったけど髪の毛洗いたい時など
冬場の乾燥しやすい時期に、パサつきが気になって普段のシャンプーを3日に1度ドライシャンプーに変えてみるなんて言うのも良いかもしれませんね!!
上手にドライシャンプーと付き合い、活用していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました