知らないと後悔する?中古車を購入する時の修理歴あり。

こんにちは!管理人のもつです。

プロフィールにも記載がありますが、私は田舎に住んでいます。

都会と違い地下鉄が走ってるわけでもないので、車はなくてはならない移動手段です。

車の購入は大きく分けて新車中古車がありますよね。

どちらもメリット・デメリットはあります。一概にどちらが正しいとは言い切れませんし、個人の考えにもよるので正しく情報収集をして自分が何に重きを置くかが大切だと思います。

今回は中古車のというか、中古車の修理歴ありとなっている車について「修理歴とは何なのか」というところから解説していきます。

修理歴ありとは

中古車を購入しようか検討する際にたまに見かける修理歴あり

この記載があると「またすぐ壊れそう」とか「事故があって縁起が悪そう」だとか、あまりいいイメージはないかもしれません。

ですが、修理歴=事故車というわけではありません。

日本自動車査定協会としては下記のように定義づけられています。

修理歴の定義
車の骨格となる部位の損傷があるもの。または、修復・交換されているもの。

つまり、車の骨格部分にダメージを負った車。それを修復した車のことを「修理歴あり」としています。

なので修理歴ありとなるのは故障の程度にもよりますし、ドアがへこんだり、ランプが割れたという程度なら修理歴ありには該当しません。

 

修理歴ありのメリット

修理歴ありの中古車はダメなのか?

「そんな車ばかりではない。」私はそんな風に思います。

理由としては2つあります。

1つ目は価格が圧倒的に安価であること。

中古車のネットサイト等を同じ条件で見ていても、明らかに安い車によく修理歴ありの記載を見かけるからです。

2つ目は最近は修復技術が昔よりも遥かに向上していることがあげられます。

ただし、業者によってはいい加減な修復をしている可能性も否定できないので自分の目で確認して、試乗をしてみることをオススメします。

 

修理歴ありのデメリット

先程も話したように、良いイメージは多分あまりありませんよね。

それに格安となっている分、安すぎて怖いなんて思う人もいそうですしね。

安全な走行に欠かせない車の骨格部分に損傷があった。

と考えると怖くないですか?

修復されたとされる部位が再度故障等した場合、修理代が余計にかかるリスクが高いということは承知しておかなければいけないかもしれません。

 

購入時のポイント

修理歴ありの車を購入するか否かは個人の自由です。

車は維持費なんて言いますがその通りだと思います。

ガス代は別としても税金、保険料、洗車台、もちろん故障があれば修理にお金は掛かります。

その修理代金がかさむリスクに不安を感じる方は修理歴ありのやめた方がいいでしょう。

上記のデメリットを重々承知の上で購入するのは全然問題無いと思います。

ただし、メリットのところでも話したように

・見て違和感の有無を確認する。

・試乗して問題ないか体感する。

この2点は最低限行った上で自分の満足できる車を見つけて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました